NPO法人よいおやさい(410831)

2021年6月19日(土)活動レポート

2021年6月19日(土)活動レポート

【過去の活動レポート一覧はこちら

6月19日は次の作業をしました。

【活動概要】
・ブルーベリー畑の雑草取り
・野菜の雑草取りと収穫(じゃがいも)
・ハウスと農機具小屋の整備

【活動報告】
東京首都圏は、事前に雨と予報が出ていた事もあり
群馬県渋川市も同じく雨が降っておりました。ただ小雨という事もありましたので、活動をしました。
まずは、小室ファームで主に育てているブルーベリーがどうなっているか確認。
とても大きく、良い色で実がなっていました。
今まで活動していた中で1番良いブルーベリーです。

参加者の皆さんと朝礼後、
ボランティア代表者の篠崎さんにて、ブルーベリー畑の雑草取りの方法を説明。
雑草を取る際は、カマを横にして取り除く。
とった雑草はブルーベリーの苗にドーナツ状にしておくことを説明されております。

説明後は、参加者の皆さんが1列ずつブルーベリー畑の雑草取りをしました。
1列におおよそ10~13程のブルーベリーの苗があります。
これは、大勢の参加者の皆さんでないとできない作業です。
今回は多かった事もあり、作業が進みました。
雨の中の作業にも関わらず、本当に大変助かりました。

お昼は、小室ファームに植えたあるジャガイモを
いくつか抜いて、味噌汁を作りました。
とれたてのジャガイモを使った事でダシがよく出ておりました。
雨のせいか、寒さも少し感じていただけに温かいものはありがたい。
午後の作業に向けて体力をつけます。

午後も引続きブルーベリー畑の雑草取りです。
1列全て終わったら、別の列も行っていきます。
同時に午後になって、雨も止んできたこと
もありまして、野菜畑の雑草取りと収穫(じゃがいも)をします。
農薬を一切使っていない(ブルーベリー畑も同様)だけあって、雑草がかなり生えておりました。
写真は「作業完了後」です。
ジャガイモは1つの苗を掘ると約10個ほど収穫。
中には野球ボール以上の大きさのイモもありました。
畑にありますパセリ、さといも、ナス、ししとうも無事に育っておりました。

小室ファームにあるハウスと農機具も整備もしました。
電気がついておりますが、ハウス内に6月に電気も開通させました。
冷蔵庫や部屋の照明も使用可能。
さらに、「防犯カメラ」も設置。インターネットで常時監視も出来る体制になりました。
今年こそは、無事にブルーベリーの収穫が出来そうです。
女性更衣室は、参加者の方のお力で今まで前だけだったカーテンを、後ろにカーテンを追加し、引きました。
農機具もどこに道具があるかわかる様にして整理。
活動中に時間があれば、どんどんと改良をしていきます。

15時に作業終了。
時間も出来たので、少しはやいですが、ブルーベリーの収穫をしました。少しだけ
皆さんで味見もしました。本当に大粒の実で
食べると、とても甘い。甘い香りもしておりました。
16時活動終了。
あいにくの雨でしたが、皆さんと一緒に活動出来た事に心から感謝を致します。ありがとうございました。
最後によいおやさいの活動とブルーベリー収穫のPRをします。
ブルーベリーは、7月~8月が収穫時期となります。
今年はとても出来がよく、私達の活動してきた中でも1番最高の出来栄えとなっております。
美味しいブルーベリーもたくさん食べられますし収穫も出来ます。
ご参加を心よりお待ちしております。

【お知らせ】
1:次回の活動は7月17日(土)です。
去年、一昨年と盗難にあっているだけに収穫を無事にしたい想いも強くあります。

重ね重ねではございますが、可能な方がいましたらぜひご参加いただけますと幸いです。
「ボランティア募集」のページからお申し込み登録をお願いします

https://410831.com/cat/boshu

2:臨時活動を7月3日(土)をします。
その際ですが、集合場所が変更となります。
JR池袋駅でなく、東武東上線:和光市駅前に7:30集合となります。
先に参加されたい方も事前予約が「可能」です。
連絡に当たりましては下記3点のうち1つでお願いします。
確認が出来次第、スタッフから連絡をします。確実に連絡が出来る方法でお願いします。

・メールでお申し込みの場合
info@410831.com宛にご連絡をお願いします。
メールタイトルに
「”参加希望”+参加者のお名前」を付けくわえてください。

・Facebookでお申し込みの場合
https://www.facebook.com/yoioyasaiにアクセスし、
メッセージからコメントで”参加+お名前”を付け加えて下さい。

・よいおやさいのホームページ「お問合せ」欄から投稿

どうぞよろしくお願い致します。

2024年2月17日(土)定例活動報告

東京から出発した朝は、冬の冷気がまだ肌を刺すものの、比較的晴れた空模様。

途中、スキーレジャーで旅行する人たちで関越道は渋滞しており

いつも立ち寄る駒寄PAでは珍しく男性用トイレに長い列ができていました。

渋滞もありましたが、無事に現地渋川に到着。

現地で集合の参加者たちと合流し、きれいな青空の下で作業を開始しました

今回は2班に分かれての作業

まず農家さんチームではハウスの片付けを行いました。

11月、12月の活動につづき最後の3棟目です。

ご覧の通り、こちらもジャングル状態

流石に雑草はすべて枯れています。

ハウス裏入口は、扉の前まで枯れた雑草が、入るのに一苦労も

ハウス天井まで雑草が伸びて、ビニールも破られています。

生命力が凄まじいです。

抜き取った雑草はこのように丸め、外でまとめて燃やします。

冬の寒い時期でしたので、虫をほとんど見ませんでしたが

途中、ビニールに張り付くバッタも見かけました。


皆がおなじみの参加者で、前回と前々回も同じハウスでの片付け作業の経験があったため、慣れた手つきで

きれいに片付けることができました。

お昼休憩では、農家さんのご厚意で、近くにある一本松食堂でお昼をごちそうになりました。

また、群馬名物の「焼きまんじゅう」を食べたことのない参加者の為に

群馬の代表するソウルフード「焼きまんじゅう」も合わせてごちそうして頂きました。

画像では、伝わりにくいですが一串がかなり大きくボリュームがあります。

通常の大福サイズくらいの大きさの饅頭が4つ串に刺さっています。

パン生地のような柔らかい食感と風味の生地に甘い味噌ベースのタレがかかり

一度口にすれば繰り返し食べたくなる。シンプルだけど深みのある味わいです。

とても美味しく、初めて食べた参加者様も大変喜んでおりました。

いつもありがとうございます。

また、食堂の店の前には、巨大大根が!!

店主の方にお聞きすると、食堂の近くにある神社の神主さんが育てたものだそうです。

このサイズだと、抜くのも大変そうですが、よく見ると青い部分が3分の2以上あるので

土に埋まっていた部分は、少ないですね。大根の白い部分が半分以上青いのも珍しい気がします。

一方、よいおやさいの畑チームでは、

昨年から管理している新しい畑でブルーベリーに肥料を与える作業を行いました。


使用した肥料は、ピートモス(苔などの植物が腐植してできた泥炭を乾燥させたもの)と

鹿沼土(土ではなく風化した軽石で、硬質でも指で押し潰せるほどの圧縮強度を持つ)を混ぜ合わせ、

水を加えたものです。ちなみに、ピートモスと鹿沼土は酸性の性質を持つ肥料で、

ブルーベリーは酸性の土壌を好む植物です。

通常の植物は根から酸を出してミネラルを溶かしながら栄養を吸収しますが

ブルーベリーは根から酸をあまり出さず、酸性の土壌でないとミネラルを吸収しにくいため、

酸性の土壌が適しています。

無事に、皆様の協力でこちらの畑全てに肥料を与えることができました。

ありがとうございます。

拠点の畑に戻ってから、前回活動の剪定の際に切ったブルーベリーの枝が

大量にあるのでウッドチッパーで、細かくする作業も行いました。

この細かくした枝を、長い時間をかけて堆肥にするそうです。

以前までは、燃やして処分をしていたので、今回からは無駄なく活用できるようにします。

今回の活動では、初参加の方はいなく、全員が2回目以上の参加者でした。

そのため、顔見知り同士の和気あいあいとした雰囲気の中で作業が進みました。

現地集合の方とは解散してから

いつも通りばんどうの湯で疲れを癒やして帰路につきました。

参加者の皆様、お疲れ様でした!